端子台の製作・販売

端子台とは

端子台とは、AC100Vや200Vのラインを接続するために、端子を圧着した電線をねじ止め、取り付けは固定型またはDINレール対応型のもので、制御盤内や配電盤内で主に使用されています。
現在では、海外メーカー製の端子台も多く使用されており、丸型・Y型の圧着端子ではなく、DIN規格対応のフェルール端子を圧着して、端子台に取り付けする場合と、電線の被覆を剥いて導体を直接端子台に差し込む場合の端子台もございます。
JIS規格では規格№は C2811で「工業用端子台」に分類され、電線の接続、分岐、中継のために複数の端子を集合した機構部品の総称と定義付されております。

端子台種類

各メーカーによって若干ことなりますが、基本は下記の種類に分かれます。

組立型 または 固定型
ターミナルブロックを一つずつ組立して、任意の長さにできる組立型タイプと、結線箇所数が決まっている固定型タイプ
レール取付式 または 直接取付式
端子台を制御盤内または配電盤内に取り付ける際に、DINレールをカットしてその上に端子台を載せて取付するタイプと、直接端子台をねじ止めで取り付けるタイプ
ネジ止め結線 または 導体直接結線
丸型、Y型、棒端子(フェルール)を電線に圧着して、端子台に結線するタイプと、電線の被覆を適正の長さ剥離して、導体を直接端子台に結線するタイプ

端子取扱メーカー

上記4メーカーがブロック端子台でよく使用されており、当社も在庫しており小ロット短納期対応が可能です。
その他下記の端子台メーカーも取扱いしております。
オサダ、春日電機、サトーパーツ、日東工業、フジコン、不二電機工業、吉田電機、ワールド(※五十音順 敬称略)

弊社では、各種端子台の製作および販売をしております。製作図面がございましたら、それに基づいて製作も可能です。

当サイトは原則として、お客様とは個別見積もりさせて頂いております。品質、納期、価格、その他ご要望がございましたら、気軽にお問い合わせください。また、1式からでも販売可能ですが、数量がまとまれば、ボリュームディスカウントもさせて頂きます。

本製品に関するお問い合わせ・お見積りはこちらからお願いいたします。